日本在宅看護学会|第9回在宅看護学会学術集会|参加される方へ

参加される方へ

開場時間

12月7日(土)11:00~18:30
12月8日(日)8:45~16:30

<総合受付>

12月7日(土)11:00~17:00
12月8日(日)8:45~15:00

<クローク>

12月7日(土)11:15~18:30
12月8日(日)9:00~16:00

参加登録

【事前参加登録】

○事前参加登録は、10月25日(金)までに参加費を納入した方が対象となります。

○参加費を振り込んだ方には、11月中旬に参加証およびプログラム・抄録集をお送りします。

○参加証およびプログラム・抄録集が届かなかった場合は、当日「振替払込請求書兼受領書」を持参のうえ、受付でお申し出ください。

○当日は、事前に送付する参加証とプログラム・抄録集をご持参ください(会場ではプログラム・抄録集は有料となります)。

○当日は「事前登録受付」で受付を済ませたうえ入場してください。大学院生、大学生として登録した方は、受付で学生証をご提示ください。

【当日参加登録】

○当日受付」で、参加申込書に必要事項を記載のうえ参加費を支払い、参加証とプログラム・抄録集を受け取ってください。

○参加費の支払いは現金のみ承ります。

  事前登録
※10月25日(金)までに入金
当日登録
会員 8,000円 9,000円
非会員 10,000円 11,000円
大学院生 3,000円
※登録時に学生証のコピーが必要です
※会場受付で学生証をご提示ください
3,000円
※学生証の提示が必要です
学生
(大学院生は除く)
1,000円
※登録時に学生証のコピーが必要です
※会場受付で学生証をご提示ください
1,000円
※学生証の提示が必要です

【参加証】

○参加証は、所属と氏名を記入の上ネームホルダーに入れ、会場内では必ず着用してください。

【プログラム・抄録集の販売】

○抄録集は、総合受付で1部3,000 円で販売します。

 ※事前参加登録をした方には、事前に送付しますので忘れずお持ちください。

ランチョンセミナー[ 12月8日(日)]  

○ランチョンセミナーは昼食をとりながら看護の新しい知見について学ぶ機会です。

○第9回日本在宅看護学会学術集会では、以下3セミナーを開催します。

    

<ランチョンセミナーA>

「糖尿病患者の在宅医療を支援するためのコツ」

講師:菊池範行(きくち内科クリニック)

共催:ノボノルディスクファーマ株式会社

    

<ランチョンセミナーB>

「油断するな!冬の脱水~訪問看護師が行う脱水対策のポイント~」

講師:秋山正子(株式会社ケアーズ代表取締役・白十字訪問看護ステーション統括所長・暮らしの保健室室長/特定非営利活動法人maggie's tokyoセンター長)

共催:株式会社大塚製薬工場

    

<ランチョンセミナーC>

「コネクタ関連の世界規格(ISO)の変更に伴う国内製品の動向と課題

~経腸栄養分野の新規格によりタイムリミットは2021年11月末~」

講師:山元恵子(東京都看護協会)

共催:株式会社ジェイ・エム・エス

○学術集会の事前参加登録を済ませた方を対象に、ランチョンセミナーの事前申し込みをEメールで受け付けています(先着順)。

    

<事前申込期限> 11月13日(水)24:00

pdf ランチョンセミナーの詳細はこちら(PDF)

※事前申し込みの受付は終了しました。

交流集会

○交流集会は、企画者が特定のテーマや新しいケア・教育・研究方法などについて、ディスカッション、ワークショップ、あるいは実演など自由な発想で企画し、規定の時間の中で自主的に運営実施し、会員相互の情報・意見交換の場とするものです。

○本学術集会では、5つの交流集会を予定しています。詳細はプログラム・抄録集等でご確認ください。

企業展示

○1階エントランスおよび2階・3階のオープンラウンジに展示会場を設けています。

<展示期間>

12月7日(土)13:00~17:00
12月8日(日)9:30~15:00

会員総会

○会員総会は、12月7日(土)12:00~12:45 に大研修室1(1階)にて開催します。

○会員の方は、会場入り口で参加証を提示し、資料を受け取ってご参加ください。

その他

【会場利用にあたって】

○発表会場内では携帯電話はマナーモードに設定し、周りの方の迷惑とならないようご配慮ください。

発表者の承諾を得ず、発表に関わる撮影・録音を行うことは禁止します。

○会場内で所属先企業・団体等の製品の販売、チラシの配布等の行為を禁止します。

○ごみ、配布資料等は各自お持ち帰りください。

○会場および敷地内は禁煙です。

○学術集会会場として使用されている以外の区域への立ち入りはご遠慮ください。

○会場には学術集会広報や報道関係の写真撮影・取材等が入りますのでご了承ください。

○お困りの際はスタッフ証を付けた実行委員にお声がけください。

○災害発生時は、各会場の避難アナウンスに従ってください。

【昼食会場・休憩コーナー】

○会場内に「集いの広場」を設け、昼食・休憩会場、また交流の場として開放します。

<日時> 12月8日(日)12:40~13:40
<会場> 研修室302、研修室401

○上記以外での食事はご遠慮ください(ランチョンセミナー除く)。

○会場周辺には、飲食店、コンビニエンスストア等があるのでご利用ください。

○飲み物の自動販売機は、1階・4階に設置されています。

【会場内での呼び出し・拾得物】

○会場内での呼び出しは行いません。総合受付に設置する伝言板をご利用ください。

○ 会場内での忘れ物は総合受付にお申し出ください。拾得物は総合受付に設置する伝言板に掲示します。