日本在宅看護学会

日本在宅看護学会誌 投稿規程

1. 投稿資格

本誌への投稿資格は,著者および共著者すべて日本在宅看護学会員とする.ただし,依頼原稿についてはこの限りではない.

2. 投稿原稿

1) 本誌の領域は,在宅看護およびその関連領域とする.

2) 投稿原稿は未発表のものに限る.

3) 論文中には倫理的配慮について明記されていることとする.

4) 原稿の種類は,原著,研究,資料,総説である.ただし,編集委員会が特に認めた場合はこの限りではない.


3. 原稿執筆の要領

1) 原稿は,本文および図表を含めすべて電子データ形式とする. 原稿は本文および図表,文献を含め,16,000文字以内とする(図表はその大きさによって,1/4ページで500文字,1/2ページで1,000文字,1ページで2,000文字と換算する).

2) 投稿する論文は全て,様式Aに,表題,3~5語前後のキーワード,著者名,所属を日本語と英語で記載する.表題とキーワードは,本文の用紙の冒頭にも併せて記載する.

3)投稿する論文はすべて,400字程度の和文要旨と3~5語前後のキーワードを付す.
要旨は,[目的][方法][結果][結論]の見出しを記載する.

4)原著を投稿する場合には,和文要旨に加えて,300語程度の英文要旨および3~5語前後の英語のキーワードを付す.英文要旨は,原則としてネイティブ・チェックを受ける.

5) 原稿は原則として,和文のみとする.依頼原稿についてはこの限りではない.

6) 原稿は,目的,方法,結果,考察,結論などがわかるように記載する.文章の書き始めの番号は,…,1,2…,1),2)…,(1),(2)…,の順とする.文中および図表中の数字は算用数字またはアラビア数字を用いる.

7) 文章は新仮名づかいを用い,句読点,括弧などは1字とする.外国語は活字体を使用し,アルファベットおよび数字は半角1字とする.

8) 人名・地名などは原則として原語を用いる.外来語はカタカナを用いる.太字やイタリック体などの特殊字体を用いる場合は,判別可能なように表記する.

9) 図表は,本文とは別に印刷し,図表番号と図表タイトルを明記する.なお,印刷・製版に不適当な図表は書き換え,削除を求めることがある.

10) 第1報,第2報などとなる原稿は,それぞれ完結した状態で投稿する.

11) 文献の記載方法は以下に従う.

4. 投稿手続き

論文は,原本1部と表紙(様式A),「誓約書・著作権移譲承諾書(様式B)」を記載し,下記編集委員連絡先まで「書留郵便」で郵送する.各様式は本会ホームページ投稿規程内に掲載されている所定の様式を使用する.

5. 査読後の再投稿手続き

査読結果に基づいて論文を修正し,修正箇所の有無とその内容について記載した回答文書を作成する。査読者と意見の相違がある場合は,その理由を記載する.著者と査読者の意見交換はすべて編集委員会を通して行う.査読後修正論文は,査読への回答文書,原本1部と表紙(様式A)を編集委員に提出する.掲載決定後,責任著者は必要な別刷り部数(著者実費負担)を指定する.

6. 二重投稿の禁止および著作権委譲承諾手続き

投稿論文は,他誌に未発表であり,かつ投稿中の論文でないこと,原稿の著作権は,本学会に帰属することを同意の上,初回投稿時に必ず「誓約書・著作権委譲承諾書(様式B)」を同封し,応募すること.


附則 本規定は、2015年12月1日から実施する


学会誌編集委員会連絡先

〒143-0015
東京都大田区大森西4-16-20
東邦大学看護学部 在宅看護学研究室内
日本在宅看護学会誌編集委員会
E-Mail toukou@zaitakukango.com
(E-mailアドレスが変更になりました)

excel 様式Aはこちらから(Word)

excel 様式Bはこちらから(PDF)


[このページの先頭へ]