日本在宅看護学会

 平成​28​年九州地域を震源とする災害に遭われた皆様に心よりお見舞い申しあげます。 会員の皆様におかれましては余震が続き厳しい状況と存じますが、くれぐれも安全にご留意のうえ日々の看護の場でご活動いただけますよう願っております。

平成​28​年​4​月 理事長 川村佐和子


ごあいさつ

 訪問看護の利用者数は、今後の高齢死亡者数の増加、医療施設内医療から在宅医療への移行の促進に伴って急増が見込まれています。また、訪問看護需要は「量」的に増加しているだけでなく、「質」的にも大きく変化しています。医療施設内医療から在宅医療へ移行するためには、高度な医療処置や適切な症状コントロールを在宅で安全かつ継続的に提供できる体制がなければ実現することはできません。在宅医療は訪問看護の活躍により、利用者の生活の質を豊かに広げていくものとなります。このような社会需要に対応するため、訪問看護は経営方法・質の向上・地域医療への貢献のための方策をたて、実行することは喫緊の課題といえるでしょう。また、訪問看護における人材育成の観点からも、在宅看護論の学問的確立は不可欠であり、学問としての「在宅看護学」に早急に確立する必要があります。そこで、これらの課題に学術的に取組み、社会に対して効果的な方策を提言し普及していくためには、日本在宅看護学会を設立いたしました。本会は、在宅看護学の学術的発展と教育・普及をめざし、これをもって人々の健康とQOL、地域社会における福祉の向上に寄与することを目指していきたいと考えます。

一般社団法人 日本在宅看護学会 理事長 川村佐和子



お知らせ

new
演題登録期間を1週間延長いたします。
皆様の演題をお待ちしております。

2016年6月22日UP

締め切り:7月1日(金)17時



研修セミナーのご案内

2016年6月1日UP

平成28年度第1回研修セミナーを6月18日に行います。
締め切りを6月10日まで延期しました。

excel くわしくはこちらから(PDF)

excel 申込書はこちらから(Word)



第6回学術集会のお知らせ

2016年1月5日UP

​第6回学術集会を以下の通り開催いたします。
詳細は決まり次第、お知らせいたします。

2016年11月19日(土)・20(日)
テーマ:地域の平穏を看護の力で~在宅看護の体系化から~
学術集会長:酒井美絵子
会場:武蔵野大学 武蔵野キャンパス



第5回学術集会は盛況のうち終了しました

2016年1月5日UP

​ 第5回学術集会は盛況のうち終了いたしました。ありがとうございました。

pdf学術集会レポートはこちらから



日本在宅看護学会会員各位
第5回日本在宅看護学会学術集会参加者の皆様

日本在宅看護学会誌第4巻第1号
(第5回日本在宅看護学会学術集会抄録集)
訂正とお詫び

日本在宅看護学会誌第4巻第1号
(第5回日本在宅看護学会学術集会抄録集)に 以下の誤りがございました。

1.学術集会抄録集

p19 「講演・セミナー・シンポジウム」 時間の訂正

■ 誤) 9:45~10:35 集会長講演 → 正) 9:45~10:25 集会長講演
■ 誤)10:40~11:30 特別講演 → 正)10:25~11:20 特別講演
■ 誤)11:40~12:30 研究倫理セミナー → 正)11:30~11:20 研究倫理セミナー

2.学会関連記事

p197査読委員の一覧について、下記1名の氏名の追記

査読委員 西崎 未和

訂正をお願いしますとともに、謹んでお詫び申し上げます。
よろしくお願い申し上げます。

日本在宅看護学会編集委員会



投稿規定および投稿方法の変更のお知らせ​2015年10月23日UP

 日本在宅看護学会では、この度投稿規定を改定しました。現在投稿中の論文につきましては、旧投稿規定に準じて掲載します。平成27年12月1日以降は、本号に掲載している投稿規定に準じて掲載します。主な変更点は、論文の種類を6種類から4種類に整理しました。英文要旨については、これまでは全ての論文に「英文要旨を付し」と規程をしておりましたが、今後は「原著論文を投稿する場合」に限り英文要旨を付し掲載します。なお、表題、著者名、所属先、キーワードにつきましては、これまで通り和文および英文表記を継続し、在宅看護の「知」を国内外に発信する機会を担保していきます。
 投稿論文数が順調に増えております。査読者への依頼を円滑に行うため、投稿手続きを一部変更しました。投稿論文は、投稿規定に沿っているか点検し、原本1部に表紙(様式A)をつけて投稿してください。表紙(様式A)は、学会ホームページに掲載している所定の書式を使用してください。
 本学会では、論文の二重投稿を禁止しています。論文は、他誌に未発表かつ投稿中でないものを投稿してください。掲載された論文の著作権は、本学会に帰属することに同意の上、投稿してください。同意の意思表示については、学会ホームページに掲載している「承諾書・著作権委譲承諾書(様式B)」に自署し、投稿論文とともに編集員会宛にお送りください。
 編集委員会のE-mailアドレスが変更になりました。ご不明な点は、編集委員会E-mailアドレス:toukou@zaitakukango.comまでお問い合わせください。
 皆様のご投稿を心よりお待ちしております。



第5回学術集会のページを更新いたしました。​2015年10月16日UP



一般社団法人日本在宅看護学会のロゴマークが決まりました。

2015年10月16日UP

​たくさんのご応募をいただき、有難うございました。
発表は第5回学術集会当日に行います。



第5回学術集会演題募集期間が延期となりました​2015年6月11日UP

演題募集期間を以下の通り延長いたします。
たくさんのご応募をお待ちしております。

2015年5月11日(月)~6月26日(金)17:00必着


一般社団法人日本在宅看護学会ロゴマーク公募のお知らせ
~あなたの手で在宅看護の学問的象徴を創ってみませんか~

2015年6月4日UP

 近年、看護師は病院など医療施設内におられる皆様に対してだけではなく、地域で生活されている皆様に対して広く、訪問看護などで看護を提供するようになっております。本学会は歴史が浅い、訪問看護や看護介護施設などにおられる皆様への看護が倫理的な配慮とともに客観的な根拠をもって行われるよう、学問的に探究する目的で平成23年に設立された学会です。このたび平成26年12月1日に、一般社団法人格を取得し、社会的な存在としての第一歩を踏み出しました。これを記念として、ロゴマークを制定することにいたしました。
 ロゴマークの制定により、日本在宅看護学会は会員の一体感を高め、更に社会に有用な看護の発展のために、在宅看護学の学術的発展と教育・普及を行っていきたいと考えています。つきましてはロゴマークを公募いたします。ぜひこの趣旨をお汲み取りくださり、「活き活きとした健康生活を誠実に熱意にあふれて提供する在宅看護の学問的柱を象徴するロゴマーク」を期待しています。皆様の多数のご応募をお待ち申し上げております。

       

   平成27年6月吉日 理事長 川村佐和子

excel 応募要領はこちらから(PDF)

excel 応募規約はこちらから(PDF)

excel 応募用紙はこちらから(Word)


セミナー日時変更のお知らせ​2015年4月20日UP

会員様にお知らせしたセミナーの日時に誤りがありました。お詫び申し上げます。

pdfご案内はこちらから

pdf申込み表はこちらから


事務局移転のお知らせ​2015年4月1日UP

2015年4月1日より、事務局が下記に移転いたしました。

〒202-8585 東京都西東京市新町1-1-20 
武蔵野大学看護学部看護学科 酒井研究室内
一般社団法人 日本在宅看護学会事務局
FAX:042-468-9743 


重要なお知らせ​2015年2月4日UP
第5回日本在宅看護学会学術集会は2015年11月21日(土)から 2015年11月22日(日)に変更となりました。


理事長からのお知らせ​2014年12月16日UP/27日レポート追加

今年は暖冬という予報にもかかわらず、寒さが続いております。会員の皆様方は寒さにも負けず、ご活躍のこととお慶び申し上げます。

○本学会は会員の皆様の要望を受けて、平成26年12月1日に一般社団法人日本在宅看護学会が成立致しました。とりあえず、このことをご報告いたします。本来であれば、ここで定款や役員名簿などを、お示しするところですが、まだ、少し関係手続きが残っておりますので、手続きを終了したところで、第1回の理事会を開催し、確認をした上で、1月中には、開示いたします。今すこしお待ちください。

○さる11月15日に開催いたしました第4回学術集会は、470人を超える方々がご参加くださり、大盛会のうちに終了いたしました。現在及び今後の国民生活の大問題を解決する策として地域包括ケアシステムが掲げられております。この構築とその実践・運営において、在宅で働く看護師には大きな期待がかけられています。この役割を果たそうとする一人一人の看護師の気持ちが凝縮していたように感じています。今回の学術集会は、2人の実践者に学術集会長を務めて頂き、この実績をのこしていただきました。本学会の活動については、実践と研究・教育を同じ力で進めていけることの証明でもあります。

pdf学術集会レポートはこちらから

○2015年の学術集会は山田雅子先生を集会長として開催いたします。皆様、お集まりください。

以上、3つのことに関して、ご報告するとともに、会員の皆様のご協力に感謝いたします。


理事会からのお知らせ​2014年10月15日UP
「一般社団法人日本在宅看護学会定款案」について

次回の総会で皆様よりご承認戴​ければ​、​法人登記を​12月におこないます。
定款案につきまして、事前にお読みいただいてご参加くださるよう宜しくお願い申し上げます。

pdf定款案はこちらから


第4回学術集会のページを更新いたしました。2014年9月24日UP


第4回学術集会演題募集期間が延期となりました2014年6月9日UP

演題募集期間を以下の通り延長いたします。
たくさんのご応募をお待ちしております。

2014年5月1日(木)~6月30日(月)必着


第4回学術集会のお知らせ2013年12月10日UP

第4回学術集会を以下の通り開催いたします。
詳細は決まり次第、お知らせいたします。

2014年11月15日(土)
テーマ:未来を拓く在宅看護
学術集会長:阿部智子(訪問看護ステーション「けせら」代表)
      高砂裕子(南区医師会訪問看護ステーション管理者)
会場:東邦大学看護学部

pdfPDFはこちらから


第3回学術集会は盛況のうち終了しました2013年12月4日UP

第3回学術集会は盛況のうち終了しました。ありがとうございました。

pdf学術集会レポートはこちらから


理事会からのお知らせ「法人化について」2013年10月16日UP

wordくわしくはこちらから
word定款案はこちらから


第3回学術集会一般演題 締切日延長のお知らせ2013年6月21日UP

第3回学術集会の一般演題締切日(6月30日)が近づいてまいりましたが、
募集期間を7月15日(月)まで延長することといたしました。


研修セミナー終了のご案内2013年5月20日UP

平成25年5月18日、多くの方のご参加をいただき、無事終了いたしました。
wordセミナーの報告はこちらから


第3回学術集会のご案内を掲載しました2013年5月10日UP

くわしくはこちら

研修セミナーのご案内2013年3月12日UP

平成25年5月18日研修セミナーを行います。

pdfくわしくはこちら
word申込書はこちら


第2回学術集会は盛況のうち終了しました2012年12月10日UP

第2回学術集会は盛況のうち終了しました。ありがとうございました。

尚、第3回(平成25年度)日本在宅看護学会学術集会は
2013年11月16日(土)
学術集会長 尾﨑 章子氏  会場 東邦大学看護学部

プログラムなど詳細は決まり次第お知らせ致します。


監事・理事の変更がありました2012年12月10日UP

くわしくはこちら


会則の改正がありました2012年12月10日UP

くわしくはこちら


第2回学術集会の日程表・プログラム、地図を更新しました
2012年9月27日UP


第2回学術集会の演題受付は終了しました2012年9月12日UP


平成24年度第1回セミナー延期のお知らせ2012年8月3日UP

平成24年8月11日開催予定のセミナーが延期となりました。
くわしくはこちら

word 平成24年度 第1回研修セミナー 延期のお願い (Word)  


第2回学術集会の演題募集期間が延長されました2012年7月7日UP

くわしくはこちら

事務局移転のお知らせ2012年6月1日UP

2012年6月1日より、事務局が下記に移転いたしました。

〒370-0006 群馬県高崎市問屋町1-7-1
  群馬パース大学 酒井研究室
  info@zaitakukango.com
  FAX 027-388-0332



平成24年度会費納入のお願い

昨年度は初年度にもかかわらず、ご入会いただきありがとうございました。
今年度の会費を、平成24年4月30日までにお支払い下さいますよう、お願い申し上げます。
くわしくはこちら


2012年1月10日のセミナーは無事終了いたしました。

ご参加いただき、ありがとうございました。




[このページの先頭へ]